株式投資の基本から応用まで、ただ目先の売り買いにこだわらず、株式投資の実力と実績が上がるような内容にして行きたいと考えております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここのところの東京株式市場は日経平均がマイナス、TOPIXはプラスというねじれ現象が顕著ですが、このことは何を意味しているのでしょうか?

ハイテク関連株の構成比率が高い日経平均の不振が今回の相場を物語っています・・・

ここで、今回の相場の裏付けとなる指標をあげてみますと、「9月の海外投資家の日本株投資は1兆6692億円買い越しです」「9月の通貨供給量は2.1%増」「9月の銀行貸出残高は前年同月比0.4%で2カ月連続のプラス」「首都圏マンション発売、9月は前年同月比16.2%増」となっています。

この指標を読んで賢い貴方は内需関連だと直ぐ分かったと思います。

一方、アメリカ経済は「半導体最大手のインテルが投資判断の引き下げ」「内容を失望されたアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)やアップルなども下落するなどハイテク株の下げが目だっています。これを受けてハイテク株の多い日経平均は軟調に推移しているのです。

この傾向は今後の相場も続きます。
常にテーマを意識して戦いに望みましょう。

いつもこのブログで申し上げていることですが、「日本の株式相場を動かしているのは外人です」決してかれらの動きから目を離さず、決して逆らわず彼等を利用することを考えてください。

彼等の投機資金は簡単に一国の経済(株式市場)を動かすことができるのですから・・・。

貴方も毎日が給料日 「伝説のデイトレーダー」で株式長者に挑戦。

あまりにも結果が出すぎるので、ちょっと公開をためらっていましたが・・・この方法で実践すると・・・「超短期投資分析表作成マニュアル」・・・売買タイミングがピタリと分かる!
END
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabukk.blog32.fc2.com/tb.php/6-e5c682d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。