株式投資の基本から応用まで、ただ目先の売り買いにこだわらず、株式投資の実力と実績が上がるような内容にして行きたいと考えております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
急騰銘柄の特徴的なパターンを検証していきます。

株式投資をしていると、上がっている銘柄には案外目が行きますが、押し目をつくっている銘柄にはあまり興味を示さない方が多いのではないでしょうか!

もしそうなら、貴方は大きなチャンスを逃していることになります。なぜでしょう・・・。

ここで少し前のお話をします。チャートブックがある方は東証一部の「5393ニチアス」をご覧ください。

無い方はヤフーのファイナンスをクリックしてコード番号5393を入力すると「ニチアス」のチャートが表示されますのでご覧ください。

ここで注目したいのは、6月下旬から7月半ば過ぎまで、大きく下へ突っ込んでから再騰体勢を作リ9月の初旬からの上昇エネルギーを蓄えています。

ご承知のとおりニチアスは「アスベスト」の問題があり6・7月の下げにつながったわけですが、この下げの過程で以前の上昇時よりも出来高を増やして下げています。
このように下げる時、出来高を増やしながら下げている銘柄は注目に値します。

長期にだらだら下げる場合には、人気が離散しているため、出来高は減る傾向にあります。すべてとは言いませんが、下げの最終局面(セイリングクライマックス)では出来高が異常に膨らみます。

誰もがそんなところを買うのには勇気がいりますが、貴方が冷徹にここを仕込むと大いに報われます。「人の行く裏に道あり花の山」ですね!

株にとってこの「押し目」そが次のステップのエネルギーが蓄積されている証拠なのです。

あまりにも結果が出すぎるので、ちょっと公開をためらっていましたが・・・この方法で実践すると・・・「超短期投資分析作成マニュアル」

下記で株式投資の無料レポートをゲットできます。

株式投資で大きな成果を出したい方に貴重な丸秘テクニックが掲載されている、門外不出のe-Bookを紹介します。

早く知って、早く実行した者勝ちの方法とは・・・。


一番目は、貴方も毎日が給料日 「伝説のデイトレーダー」です。

この本を読まずにデイトレをするなかれ。

100万円を半年で1,000万円にしてしまう、戦略・戦術を身につけてから株式長者に挑戦してください。

もう一つは、「超短期投資分析表作成マニュアル」です。

エリオットの波動論と独自分析法をドッキングさせた「売買タイミング」をピタリと予測する方法を公開しています。

いくら良い銘柄を買おうとしても「売買タイミング」を間違えていたら絶対勝てません。

今なら期間限定で「急騰銘柄発掘法」が付録についています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabukk.blog32.fc2.com/tb.php/23-8d615878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。