株式投資の基本から応用まで、ただ目先の売り買いにこだわらず、株式投資の実力と実績が上がるような内容にして行きたいと考えております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここのところ、下げ足を早めている日米の株式市場に何が起きているのでしょうか?

巷では、この急ピッチな下げで貴方の持ち株も影響をうけていませんか?今日は今後の相場展開をこのサイトに訪れた貴方にそっとお教えします。貴方の銘柄は今後の相場にかかっています・・・。

巷では、「日本の過剰流動性(市中へのマネーサプライが多いこと)と原油高」で「ハイパーインフレ」や「スタグフレーション」(普通、資本主義経済は、緩やかなインフレを伴いながらそれ以上に成長して行くのが理想ですが、スタグフレーションになると経済は発展しないで停滞若しくは不況にもかかわらず、インフレーションはドンドン進んでいくため生活水準は下がっていくじょうたい)になるという学者もいます。

果たして日本経済は今後どうなるのでしょう?

また、一方では「郵政民営化で700兆円の資金の一部が株式市場や投資資金にまわる」「外人買いは緒についたばかりでこれから買上げる」「中国やアメリカの外需依存から内需依存度が強くなり経済はまだ伸びる」「IT関連の在庫調整の一巡が顕著」等々、日本経済にとっては好材料が多いことをもって、「株はまだまだ上がる」というひともいます。

さて、貴方はどちらを信じたら良いのでしょう?

でもちょっと冷静に考えて見ると。長・中期投資で買っておられる方は、株価が下がることは困りますが、短期の方はむしろ株価の上下があった方が儲かるのです。

なぜなら、短期投資は「売られすぎを買い」「買われすぎを売る」行為なのですから!そこで必要なのは、売られ過ぎの「ポイント」と買われ過ぎの「ポイント」を掴む技術なのです。そんな技術があったら欲しいですね!

ところで、長・短期投資の方には朗報ですが、アメリカ経済は住宅バブルがはじけてリセッションのなると言われ続けてきましたが、問題なさそうです。

これは、今回のハリケーンの復興費用だけでも少なく見積もっても20兆円ぐらいの特需になるということです。

貴方も毎日が給料日 「伝説のデイトレーダー」で株式長者に挑戦。

株式投資「虎の巻」も必見です。
END
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabukk.blog32.fc2.com/tb.php/17-b3ef0f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。