FC2ブログ
株式投資の基本から応用まで、ただ目先の売り買いにこだわらず、株式投資の実力と実績が上がるような内容にして行きたいと考えております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27日の東京株式市場は前日のニューヨーク市場が今年の新高値を更新したことと、安倍新内閣の組閣から経済運営方針が成長路線の持続と確認できたことで、今年7番目の大幅高、日経平均は15947円87銭の390円42銭高で引けました。

更にニューヨーク株式市場は2000年1月の史上最高値11722ドルに接近してきており、先日来言及してきました日本株の出遅れ感が顕著になってきたことも買い安心感を誘いました。

日本の株式市場の歴史を検証しますと、新総裁誕生時点ではご祝儀も多少は入っているかも知れませんが、総じて株価はある一定期間、新内閣の政策に期待して大きく上げています。

今回の安倍内閣も例外に漏れず大幅高でした。一応、新内閣への期待感と敬意を表して大幅高は演じましたが、これをきっかけに相場の流れが上向きになるかが、私たち投資家の注目点となっています。

そこで、いつものようにテクニカル・チャートで今後の読みをしてみましょう。

昨日、長期のトレンドは9月初旬より陰転中でこの長期トレンドを上昇トレンドにもっていくには、短期で株価の大幅上昇が必要と指摘しておきました。今回の上昇は、昨日指摘した上値抵抗線を実体でぬけてきました。

これで、第一関門を通過しましたが、おまけに、25日移動平均線15930円もぬけてきたことで、期待のもてる内容となっていますが、10月も需給面で一抹の不安はまだ払拭されておりません。

28日29日にも小幅連騰できるか、又は28日は利食い売りに押されても29日には27日の高値をぬいてくるかが今後の試金石となります。注目しておきましょう。

---------------------

本物の投資法がここに・・・
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル


株って面白いね !! Top Page へ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabukk.blog32.fc2.com/tb.php/133-1bebcd4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。